【オークション・フリマアプリ講座_23】不用品回収業者が言うから間違いない!家の片づけは30万以上かかる

こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

先日、不用品回収業者に使わなくなった椅子やマットレス、ワインセラー、サーフボードなどを処分してもらいました。

椅子は保管状態があまり良くない倉庫に眠っていたもので(しかも夫が買った)、奥の方に追いやられていました。
なので、汚れているし運び出すのも一苦労という感じ。

マットレスは、幸いにも金属が入っていないタイプだったので、1,000円で処分。
本当は自治体のゴミにだしたかったのですが、指定のゴミ袋に入らず…。
仕方なく1,000円も支払って処分してもらうことになりました。

ちなみにマットレスは3つありました。

ワインセラーは動かなくなってしまった物。
今年の正月に夫の知人にあげることになっていたのですが、
その時点で動かないことが判明して結局我が家に残ることになってしまいました。

ワインセラーはリサイクル料金がかかります。約5,000円でした。
処分費自体は2,000円くらいでしたね。やっぱりリサイクル料金がネックです。


処分品の中で意外と高かったのがサーフボードです。
夫が若かりし頃にサーフィンをやっていたようで、それが倉庫の中にあったのです。

使いもしないのになぜある?とずっと思っていたのですが、燃えるゴミとしてだせるのか不明だったので、手つかずのまま。
処分費は4,000円。

ワインセラーよりも高いじゃん!と文句の1つも言いたいところですが、
サーフボードはサイズが大きいのでこのくらいの値段になるそうです。
あくまで大きさで処分料を決めている会社なので、やたら長いサーフボードはそれだけ高くなるというわけですね。

結局トータルで3万円弱かかりました。かなりの出費です。
本当は自分で処分場に持って行ければいいのでしょうけれど、何せ軽トラの運転ができません。
しかも、運ぶにしても荷台に乗せることはできないでしょうね、重すぎて。なので3万円は仕方ないかなと。

回収に来てくれた人と話しをする中で、けっこう驚愕の事実を知ったのでちょっと書いてみようと思います。

その方は仕事柄、色々な家の片づけをしているのですが、そのときの金額を聞いて私は驚きました。

約30万だそうです。
でも、これは1日で終わった場合。

もし2日、3日とかかれば2倍、3倍となるので100万円近くになることもあるそうです。
何が高いかというと、やはり人件費だと言っていました。
家1軒の片づけとなると人数も必要ですからね。そりゃ、人件費も高いわ〜と思いました。

その方も言ってたのですが、できるだけ早い段階でいらない物は処分をして、物を少なくした方がいいのは間違いありません。
自治体のゴミに出せるなら少しつづ出していくことですね。出せないなら仕方ないので、一気に処分です。
回収業者にお願いすると基本料金がかかるので(私の場合4,000円でした)、1回で済ませた方がいいんですね。

今回業者さんと話しをしてみて、片づけの現場にいて、あふれる物を見て、
そして片づけに何十万円もかかるのを知っているからこそ、説得力のある言葉がたくさんありました。

その中の1つ「お金を出して買った物をお金を出して処分する」という言葉を改めて考えると、なんか不思議な感じです。

筆者プロフィール
川崎さちえ(かわさき さちえ)

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る