【オークション・フリマアプリ講座_73】ホットケーキミックス狂想曲

こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出を避けている人がたくさんいます。
学校も休みだし、子どものおやつとかいろいろ考えると、簡単で安上がりな物を作ろうかなと思ってしまうのでしょう。

すでにネット上でも話題になっていますが、ホットケーキミックスがスーパーから消えました。

北関東に住んでいる私が「あれ?ホットケーキミックスがないぞ」と気づいたのは、
おそらく1ヶ月くらい前だと思います。

ちょうどその頃に、自宅にあったホットケーキミックスでホットケーキを作りました。
久しぶりのホットケーキはなんだかおいしくて、また作ろうと思ってスーパーで棚を見たら空っぽ。

そのときに「あ!みんなホットケーキを作ってるんだな」と思いました。
それから間もなく、粉物がどんどん減ってきて、同時に政府が「在庫はある」と発表するようになりました。

そうなるとやっぱり出てくるのは転売です。
すでにフリマアプリにはホットケーキミックスが高値で出品されています。

これに関しては農水省でも問題視をしていて、
江藤農林水産大臣が「極めてけしからん」と発言したようです。


フリマアプリとしては、マスクや消毒液のような対応はまだとっていないのですが、
今後エスカレートすることになれば、おそらく出品の制限や禁止の処置をとることになるでしょう。

ただホットケーキミックスはマスクと違って、政府が在庫があると言っています。
マスクは本当に国内に在庫がないから大変なことになりましたが、
ホットケーキミックスはトイレットペーパーに近い状態なのかなと思っています。

トイレットペーパーも一時的に不足になって転売されていました。
でも政府も企業も在庫はあると強く打ち出したので、転売が長く続くことはありませんでしたよね。

結局物流が間に合わないのだと思います。



だからスーパーの棚にホットケーキミックスがなかなか並ばなくて、それを見た消費者が焦ってしまう。
そして高値で売られているものを買ってしまうという構図ができてしまったのでしょう。

なのでホットケーキミックスは、トイレットペーパーと同じ現象なんだなと思って、
もう少し待ってみた方がいいと思います。

トイレットペーパーだって、今はお店に並んでいるじゃないですか。

ホットケーキミックスがなくても、子どものおやつは作れます。
レシピサイトにはアイディアおやつがたくさん掲載されていますし。

ちなみに、ホットケーキミックスは自分でも作れますよ

筆者プロフィール
川崎さちえ(かわさき さちえ)

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る