【オークファン×SHIFT塾】塾長に聞いた!副業でAmazon輸入販売を始めて成功!

現在は、オークファンと共同で立ち上げたSHIFT塾の塾長として、物販ビジネスので成功ノウハウを伝える立場にある竹中さん。

ワールドシフト株式会社の社長で年商は3億円!もとは1人のサラリーマンでしたが、どのようにして物販ビジネスに出会い、成功を掴んだのか。そして目指すところは?余さずインタビュー!

 

「SHIFT」の手法を編み出して月収350万円

竹中さんと物販ビジネスの出会いは、10年以上前のこと。当時竹中さんは小売りチェーンで店長職につき、忙しい毎日を送りつつも、時間に縛られ自由の少ない生活に窮屈な思いを抱いていたといいます。

「その時ですね、物販ビジネスと出会ったのは。日本未発売のゲームソフト(米国製)が、ヤフーオークションで元値の倍で売られているのを目にしたのです、私もアマゾンを使ってアメリカから輸入して販売すれば稼げると思い、やってみたら儲かったんです。」

その要領で、次はスターウォーズの日本未発売グッズを販売。ライトセーバーだけで月100万円の利益になったといいます。

竹中さんは勢いに乗って物販ビジネスに専念。しかし、予想外の展開が…。人気商品を大量に仕入れて売るこのやり方は簡単だったため、すぐに人にマネされ、稼ぎは減少。
他の方法を試行錯誤するうちにある発見をします。

「商品には需給のギャップがあることに気づき、そこを狙えばいいと気づいたのです。」

商品には売れて供給が追いつかず高値になる時と、その逆の時期が交互に訪れると分析。高値になるタイミングを狙えば確実に稼げると『発見』したのです。

竹中塾長のビジネス成功年表

すべてはサラリーマン時代の副業から始まった。物販を極めた竹中塾長のサクセスストーリー!

・2005年 小売チェーン店長の傍ら、Amazon輸入販売を副業でスタート!

アマゾンを使った輸入販売で副業デビュー。アメリカのゲームソフト『グランド・セフト・オート』が売れ、独立へ

・2013年 Amazon輸出販売始動!物販手法「SHIFT」確立

アマゾン輸出販売も開始。実践と研究を重ねた独自の物販手法「SHIFT」を確立し、輸出入で成果を上げる

・2015年 月収350万円突破!スクール、配送代行事業開始

少しずつ稼ぎが増え、月商2000万円、月収350万円を突破。SHIFTスクール事業、配送代行事業を立ち上げる

・2015年 オークファンと業務提携 SHIFT塾をスタート!

オークファンとコラボし、SHIFTを塾開講。開始半年で生徒の大半が月商30万円超に!月商100万円以上の人も多数

そして現在の年商は3億円!
 

物販ビジネスの可能性は無限

竹中さんは需給の周期的なデータを地道にとり、蓄積していきました。
それが現在オークファンと組み、塾を開講した「SHIFT」の手法です。
「どんなものにも需給ギャップはあるので、特定の商品に特化せず、幅広く仕入れて確実に利益をとります」

最高月収は驚異の350万円!
「私はSHIFTで人生が変わりましたし、塾生の皆さんも日々変わっています。物販ビジネスの可能性はまだまだ大きくなりますよ」

 

SHIFTがここまで稼げるワケ

①1つの商品に特化しない

大量に仕入れて売れないリスクを避けるため、商品は1ジャンル1つが基本。着実性重視

②データに忠実に仕入れて売る

データを元に、需給バランスが崩れるタイミングを見極め、チャンスが来たときに販売する

③手厚いサポート体制

国際配送を格安価格で一任でき、手間は一切なし。リサーチと売ることだけに専念できる

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る