農耕型ネットビジネスはお得にビジネスが可能?説明会へ行ってみた

数ある副業のなかでも今回はSHIFT塾流のAmazon輸出ビジネスをご紹介します。オークファン×SHIFT塾では独自のリスクヘッジ「SHIFT式経営管理手法」を元に構築したビジネスモデルになっています。一体どんなビジネスモデルなのでしょうか。

SHIFT塾って何?

2019年5月に開かれたSHIFT塾の説明会。若い人から年配の人まで様々な人が訪れた。今回説明会を担当するのは竹中塾長と山谷副塾長です。オークファンと共同で立ち上がったSHIFT塾では独自に開発したビジネスモデルも紹介しています。

 

リスクをとって積み上げる!

オークファン×SHIFT塾のビジネスモデルは短期的な利益ではなく長期の利益を生み出す「農耕型ネット物販ビジネス」を掲げています。

そのため、堅実にリスクを減らして収益を積み上げたい人に推奨したいビジネスモデルとなっています。

 

物販ビジネスにおいては在庫管理や不良債権が懸念されてきますよね。そこを徹底しておこなっていくのが「農耕型ネット物販ビジネス」なのです。

SHIFT塾ではなにが学べる?

オークファン×SHIFT塾ではアメリカ「Amazon.com」のマーケットプレイスをおすすめしています。

日本の製品を海外に向けて輸出する、輸出ビジネスで利益を生み出す。そのためのノウハウや必須情報などを説明会で提供しています。せひ参加してみてはいかがでしょうか。

これさえあればAmazon輸出ビジネスができる!

・パソコン

・クレジットカード

・海外の銀行口座

・Amazon.comのアカウント

誰でも手軽に始められることもネット物販ビジネスの大きなメリットですね。主婦から学生、サラリーマン等様々な人が自らのビジネスにその知識を生かしています。

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る