【Amazon国内ビジネス講座】 物販の魅力から成功するコツまで

中古商材の物販に特化し、そのやり方を徹底的に、かつ丁寧に教えることで評判のオークファン amazon国内物販ビジネス講座。現在は講師として活躍するお2人と今まさに学んでいる生徒さん1人に、物販の魅力から成功するコツまで存分に語り合ってもらいました!

 

手厚いサポートで副業がみるみる上達!一生続けていきたいです。

皆さんが物販をはじめた経緯から教えてください。

Amazon国内物販ビジネス講座講師 坂本龍太氏

坂本サラリーマンを1年経験したのち、保育園と学習塾を立ち上げました。集団で働く適正がないことを早々に悟り、企業して教育業に取り組む道を選んだのです。仕事には非常にやりがいを感じました。

ただ、教育業だけだと目標とする年収の実現に何十年もかかってしまう。そこで、もうひとつ収入の柱が欲しいと思い、アマゾンを使った物販に目をつけたんです。
ネットビジネスには怪しいものも多いですが、物販なら安く買って、高く売るだけ。堅実なところが一番の魅力でした。

片桐僕もサラリーマンの経験は2年と短く、会社をやめてからは、できるだけラクに稼げるネットビジネスを探して実践しました。でも、どれも惨敗。
しまいには生活が立ち行かなくなり…。どん底から抜け出すため、王道の物販を初めたんです。

柳沢私の場合、ちょっと事情が異なり、きっかけは離婚でした、結婚していた当時は専業主婦で仕事を持っていなかったため、離婚したら収入がなくなりました。
運良くアルバイトを見つけたんですが、収入少なく、不安な状況で…。救いを求め、2018年7月に国内物販ビジネスのスクールに入りました。

 

柳沢さんは物販が初めての副業ですね。成績はどうでしたか。

Amazon国内物販ビジネス講座受講生 柳沢裕子さん

柳沢最初は苦労しましたが、スクール卒業時の4ヶ月目には月15万円の利益を出せるように。講師は片桐さんでした。

坂本僕は言われたことをやらない生徒でしたので、最初の2ヶ月は成果が出ず、後悔しています。それでも4ヶ月で月収36万円に。

片桐僕も坂本君も同じオークファン amazon国内物販スクールの卒業生です。僕は3ヶ月で月収45万円。その半年後には月収100万円に到達しました。

 

アマゾン物販は高い回転率が魅力

国内物販ビジネス講座の特徴はどんな点でしょうか?

坂本アマゾンを使って販売するのは中古商材です。中古というのがポイントのひとつです、中古の強みは価格競争になりにくいこと。
品物によって状態がそれぞれ異なるため、各人の設定した価格で売れるケースも多いんです。

片桐新品だとそうは行きません。品物に差が生じないため、早く売りたい人は価格を下げてしまう。結果、値崩れして利幅をとれないパターンに陥ります。

坂本僕らの扱う中古商材は、アマゾンのカテゴリーの中でランキング上位の商材。副業でも月収30万円ぐらいは継続的に稼げます。

片桐回転率の高さも特徴です。大抵、1ヶ月以内に売れてお金を回していけます。

Amazon国内物販ビジネス講座講師 片桐憲太氏

坂本スクール生には高回転で売れる商品のリストを進呈します。データ分析して導き出したもので、500品目のお宝品が載っています。

片桐このリストを見て、ヤフオクなどで該当の品を仕入れ、アマゾンで売ればいいだけ。物販初心者も簡単ですよ。

柳沢まさにその通りでした。

片桐柳沢さんが感じたオークファン amazon国内物販スクールの良さはどんなところ?

柳沢手厚いサポートを受けられることです。何かわからないことがあったら電話してすぐ聞けて、メールをしても24時間以内に必ず返信が来る、物販初心者には安心のサービスだと思います。

 

物販でもっと稼いでバイトを卒業したい

物販と出会い、生活や考え方など変わりましたか?

柳沢バイトだと働く時間も収入も、自分の思うようにはいきません。時間どおり働き、働いた分の収入以上にはなりません。
でも物販はやる気になれば稼ぎを増やせて、逆に休みをとりたければとれる。コントロールが効くわけです。物販でもっと稼げるようになったら、バイトは卒業したいと考えています(笑)。

坂本個人の力で稼げるようになったら、組織に頼らずとも生きていけます。時間も自由になりますね。
経済的な自由を得て、買い物や旅行には全く躊躇なくお金を使えるようになりました。また、目標年収にも着実に近づいているのも嬉しいですね!

片桐僕の場合、収入面の安心に加え、講師業という新たな夢を持つことができました。こんな夢を持てたのも、物販で稼げるようになって自信がついたおかげです。そういう意味で物販ビジネスは、お金だけでなく、やりがいや生きがいをもたらしてくれるのだと思います。

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る