【オークション・フリマアプリ講座_01】物の価値はやがて0円になる話

こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

使わない物があったら、さっさと売った方がいい。
私がそう言い続けているのには理由があります。

悲しいかな、私の実体験でもあるのですが、
物の価値は時間が経つにつれて下がってしまって、いずれ0円になるからです。



あれは2年くらい前の話。当時、私は一番最初に発売されたiPad miniを使ってました。
何年に買ったのかすら忘れましたけど、調べてみると2012年に販売されているので、そのときに買ったものだと思います。

ある時、スマホとかタブレットなどを買い取る業者さんを取材して、そのときに査定してもらいました。
やっぱ、気になりますよね、これいくらで売れるんだろうって。
その場で見てもらったら、買取査定金額は12,000円。

水濡れも大きな傷もなかったこともあって、けっこういい値段で買ってもらえるんだなって思いました。
でも、iPad miniに不都合は感じなかったので買い替えることもなく、その後もしばらく使ってました。

「あのときの買取金額が12,000円だから、いくらなんでも5,000円くらいになるだろう」
ってタカをくくっていたのが正直なところ。
結果的に、この考えは甘過ぎたってわかるんですけどね。

その後、1年くらいたったときにもう1回査定してもらったら、「う〜ん、0円ですね」と。
え?もう目が点です。

だって、1年前は12,000円って言われたんですよ。それがたった1年で0円って。
そう思いますよね。でも、それが現実なんです。



このとき改めて感じたのは、物の価値はすごい勢いで下がっていくんだなってことです。



タブレットとかスマホだけではなくて、私たちが持っている物のほとんどは、
今日よりも明日、明日よりも明後日という具合に時間が経過するごとに価値を下げてしまうんです。
価値が下がるってことは、売るときの値段が下がるってこと。

私の場合、あのとき売っていれば12,000円が手に入ったのに、売らずにいたからそれを逃しました。
もし売っていれば、そのお金にプラスして、新しいiPad miniを買っていたと思います(中古で)。
そうやって使い勝手がいい物を上手に取り入れていくことができたんだろうなって。

だからこそ、私は声を大にして言うんです。
さっさと売りましょう、1円でも高いうちに、値段がつくうちにって。

もちろん、物の価値が下がらず、逆に上がってしまう物もあります。
でも、それって本当に昔の物とか、芸術的価値がある物とか、本当に特別な物です。

今、使っている物にその価値があるのか?って考えると、恐らくないですよね。
だったら、一刻も早く売りましょ。
私みたいに、「ああ、売っとけばよかったな」って後悔しないうちに。

筆者プロフィール
川崎さちえ(かわさき さちえ)

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためネットオークションを利用し始める。
家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。
NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

POPULAR ARTICLE人気のある記事

ページの先頭に戻る